メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ひと

斎藤慎太郎さん=将棋の王座戦で初タイトルを獲得した

斎藤慎太郎(さいとう・しんたろう)さん(25)

 8大タイトルの一つ、第66期将棋王座戦五番勝負で、中村太地王座(現七段)を3勝2敗のフルセットで降した。端正な顔立ちから「西の王子」の呼び名も。初タイトルにも「他の若手の活躍にやっと追いついたというのが一番の思い」と表情を引き締める。

 師匠は「第二の親」と慕う熱血漢、畠山鎮七段。小学3年の頃、初めて受けた指導対局でいきなり勝負の心構えを説かれ、「びっくりした。対等に接し、大事なことを教えてくれていると思ってうれしかった」。弟子入りを懇願する手紙を送り、小学5年生で奨励会に入会した。

 プロ入り後、成長のきっかけになった対局の一つに、将棋ソフトに勝った2015年の電王戦を挙げる。半年…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文671文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです