メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

中間選挙を世代論で読み解くと=東洋大学国際学部教授・横江公美

 ついに、ミレニアル世代の米下院議員が誕生した。ニューヨーク州選出のアレクサンドリア・オカシオコルテス氏(29)だ。「米国民主社会主義者(DSA)」のメンバーで、民主党の中でも徹底的に弱者の立場に立つ。国民皆保険を導入し、LGBTなど性的少数者の権利を認め、環境問題を重視するオバマ前大統領を後継する。

 今回の中間選挙の結果は、世代論の分析どおりである。最近の米国政治を読み解くには世代論が有効だ。なぜなら、米国で2008年に出版された「ミレニアル世代誕生」は、1980年代以降に生まれたミレニアル世代の志向を理解するオバマ氏が大統領になると予見し、それからの40年間で民主党はさらにリベラルな党になると分析した。実際に民主党はムスリムや先住民の女性議員、LGBTと宣言する上院議員など、多様性を深めて…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  4. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  5. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです