メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

陛下の祈り、国民と共に 五穀豊穣の儀式 あす在位中最後の新嘗祭 生産者ねぎらい/入念に祭祀準備

2013年に皇居・神嘉殿で営まれた新嘗祭(夕の儀)=宮内庁提供

 天皇陛下は23日夜、皇居で在位中最後の新嘗祭(にいなめさい)に臨まれる。宮中祭祀(さいし)の中で最重要とされる五穀豊穣(ほうじょう)を祈る儀式だ。様子は非公開だが、関係者の証言をたどると、丹念に準備をしたうえで「国民と共に」との考え方で臨み続けた陛下の姿が浮かぶ。【山田奈緒】

 新嘗祭は皇居内の神嘉殿(しんかでん)で行われる。午後6時からの「夕(よい)の儀」と午後11時からの「暁(あかつき)の儀」がある。暖房のない寒さの中、それぞれ2時間ほど続き、たいまつの明かりが静寂な空間を照らす。

 陛下は湯で身を清め、白の絹でできた「御祭服(ごさいふく)」に身を包み、神前に新穀などを供える。祝詞…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文883文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  2. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  3. グレタさん「最大の脅威は行動を取らないこと」COP25演説全文

  4. サンマが黄色く変色…「メインおかず」抜きの給食に 草津の小学校

  5. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです