メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

宇宙探査は協調と競争で=鴨志田公男

 「1+1を5にも10にもしたい」。そう語るのは、日本と欧州が協力して水星を探査する「ベピ・コロンボ計画」の日本側責任者、早川基(はじめ)・宇宙航空研究開発機構(JAXA)教授だ。

 日欧がそれぞれ開発した2機の探査機が先月、南米・仏領ギアナのクールー宇宙基地から打ち上げられた。2機は結合したまま7年かけて水星に向かう。飛行は順調だ。

 到着後は分離され、JAXAが開発した「みお」が水星の磁気圏や高層大気を、欧州宇宙機関(ESA)の「…

この記事は有料記事です。

残り888文字(全文1105文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです