メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外田中将大が8年ぶり楽天復帰 ヤンキースから
今どきサイエンス

宇宙探査は協調と競争で=鴨志田公男

 「1+1を5にも10にもしたい」。そう語るのは、日本と欧州が協力して水星を探査する「ベピ・コロンボ計画」の日本側責任者、早川基(はじめ)・宇宙航空研究開発機構(JAXA)教授だ。

 日欧がそれぞれ開発した2機の探査機が先月、南米・仏領ギアナのクールー宇宙基地から打ち上げられた。2機は結合したまま7年かけて水星に向かう。飛行は順調だ。

 到着後は分離され、JAXAが開発した「みお」が水星の磁気圏や高層大気を、欧州宇宙機関(ESA)の「MPO」が主に水星の表面の地形や組成を観測する。

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1105文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  2. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  3. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです