メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊アマ野球

プロ目前、輝く4年生

環太平洋大戦で打席に立つ法大の中山=渡部直樹撮影

 神宮球場で9~14日、行われた第49回明治神宮野球大会は、大学の部で立正大(東都)が9年ぶり2回目の優勝を果たした。10月のプロ野球新人選手選択(ドラフト)会議で指名を受けた大学4年生が学生生活最後の大会で躍動した。来春プロの世界に羽ばたく選手たちを紹介する。

長打力に柔軟性も 法大・中山翔太内野手=ヤクルト2位指名

 持ち味は豪快な打撃だ。だが学生最後の打席は、しぶとく一、二塁間を破った。この一打に4年間の成長が表…

この記事は有料記事です。

残り2008文字(全文2217文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  4. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです