メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

翔ける

宮城からTOKYOへ クイーンズ駅伝/上 距離の壁越え新境地 鈴木亜由子(27)=日本郵政グループ

北海道マラソンで優勝し、笑顔を見せる鈴木=貝塚太一撮影

 <翔ける(かける)>

 「クイーンズ駅伝in宮城 第38回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社、TBSテレビ、宮城県など共催、東京エレクトロン特別協賛)は25日、宮城県を舞台に22チームが出場して争われる。国内トップ選手が集結するレースは、2年後の東京五輪へのステップにもなる。宮城から東京へ。飛躍を期す注目選手を紹介する。

 期待と不安が入り交じった初マラソンの壁を、軽やかにクリアした。8月26日、夏の暑さの中で行われた北海道マラソンを2時間28分32秒で優勝。2020年東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を一発でつかむ勝負強さも発揮した。

この記事は有料記事です。

残り805文字(全文1119文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  2. 「ポケモンを埋葬」仏記者、中国哀悼行事の放送中に発言 1週間の停職処分に

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  5. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです