メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

マラソン、朝5時半も 「暑さ対策」組織委検討

 真夏の暑さが懸念される2020年東京五輪の男女マラソンのスタート時間について、大会組織委員会は21日、前倒しを検討することを明らかにした。東京五輪に向けてサマータイム(夏時間)制度の導入を検討してきた自民党が同日、正式に導入見送りを決定。これを受け、組織委の武藤敏郎事務総長が「前倒しを含めた暑さ対策が必要」と述べた。【田原和宏、村上正】

 組織委は午前7時のスタート時間を1時間から1時間半程度前倒しし、午前5時半から6時ごろとする方向で、国際オリンピック委員会(IOC)などと本格的に協議する。IOCはバッハ会長が近く来日するほか、12月初旬には準備状況を確認する組織委との調整委員会を開催する。

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「性暴力被害者の声をつぶすな」フラワーデモ主催者らオンラインで緊急集会 杉田議員発言に抗議

  2. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  3. プロ野球 DeNA5-2広島 広島・森下、新人王へ足踏み

  4. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  5. 新型コロナ 佐野の30代男性が感染 /栃木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです