メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

大会ボランティア8万人 目標突破、都募集分は不足

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は21日、大会ボランティアへの応募が20日午前9時時点で8万1035人となり、募集人数の8万人を突破したと発表した。12月21日午後5時まで応募を受け付ける。

 組織委によると、応募者の6割を女性が占め、外国籍の人が44%と半数近くに上った。年代別では20代が32%と最も多く、10代が17%、50代が14%。日本国籍に絞ると、50代(22%)と10代(19%)が多く、20代は12%にとどまった。9種類ある希望分野別では、競技会場など…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  2. ORICON NEWS 『バイオハザード』新作アニメ制作決定、Netflixで来年配信 フル3DCGで初の連続CGドラマ化

  3. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  4. アゼルバイジャンとアルメニアが軍事衝突 双方に民間人を含む死傷者

  5. 新型コロナ、感染しやすさに地域・民族差なし 遺伝子レベル分析 北大研究チーム

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです