メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

愛媛のダム・肱川氾濫 豪雨予測で放流、見送り 国「精度不十分」 きょう検証報告

 西日本豪雨で愛媛県内の二つのダムの緊急放流後、肱川(ひじかわ)が氾濫した問題で、国土交通省四国地方整備局は22日、気象予測を活用して早期に放流を増やす柔軟なダム操作は「予測が外れた場合、回避できた浸水被害を招く」として、当面は見送る方針を検証会議の報告としてまとめる。緊急放流は住民から「人災」と批判も出たが、国側は今後、ダムの調節容量の確保や放流周知の改善で対応する。

 豪雨となった7月7日朝、肱川の野村ダム(西予市)と鹿野川(かのがわ)ダム(大洲市)は貯水の限界に達し、緊急的に流入量とほぼ同量を放流する「異常洪水時防災操作」で対応した。放流量は最大で安全とされる基準の6倍に上り、ダム下流域では住民8人が犠牲になった。

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 西野七瀬、初舞台に緊張しきり「ストレッチからガチガチ…」

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

  5. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです