メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

「大阪=粉もん」を覆せるか? 高級炊飯ジャー29台がフル稼働の「象印食堂」訪問記(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

象印マホービンは10月17日、大阪の難波に誕生した商業施設「なんばスカイオ」(南海電鉄難波駅直結)に和食レストラン「象印食堂」をオープンしました。

これまで、期間限定のアンテナショップは過去2年にわたり実施してきましたが、常設の食堂を出店するのはこれが初めてです。

 

象印の最高級ジャーで炊いたごはんを提供する常設の食堂

象印食堂はスカイオの6階にオープンしました。同フロアは「カラダのデザインサイト ヘルシー・ラボ」のコンセプトのもとに、美容・健康関連の商品を扱うショップが入居しています。そこで「象印食堂」は、料理家の吉田麻子さん監修のもと、「和」をテーマにしたバランスの良い家庭料理を提供するものです。

提供するごはんはもちろん、同社の最高級IH炊飯ジャー「炎舞炊き」(NW-KAシリーズ ※5.5合炊きNW-KA10は実売価格9万9380円、一升炊きNW-KA18は実売価格10万9900円)で炊いたもの。一升炊きモデル29台を同時に炊ける環境を作り、ランチの混雑時でも、常においしいごはんを提供できるようにしています。

↑ランチ時には「炎舞炊き」一升炊きモデルが29台フル稼働します

 

↑店舗入口には象印の製品を展示

 

↑座席数は59席

オリジナルブレンド米など3種類のごはんを提供

提供されるごはんは3種類。そのうち2種類は五ツ星お米マイスターの金子真人さんがブレンドした「象印食堂のお米」。これは、「つや姫」と「さがびより」を配合したオリジナルブレンドで、食堂では「標準炊き」か、もちもち/しゃっきりなどの「炊きわけ」の2種類が選べます(「炊きわけ」の種類は日替わり)。

↑ブレンド米「象印食堂のお米」のもちもち仕上げ。その名の通り、もっちもち。ひと噛みごとに口の中に甘みが広がります。ブランド米のブレンドというのも新鮮。とても複雑な味が楽しめて本当においしいです

 

↑玄米は硬からず軟らかからずの丁度よい食感。玄米特有のくさみは全くありません。玄米をこれほどおいしく炊けるとは、さすが象印の最高級モデル

 

残り1種類は、健康応援米として、玄米/金賞健康米/金のいぶきなどを月替りで提供します。なお、ごはんのおかわりは自由。つまり。10万円クラスの高級炊飯器のごはんが食べ放題ということ! これはなかなかない機会ですよ。

↑提供されるごはんは3種類。どれも食べ放題です

 

↑試食会では玄米と炊き分けのもちもちが振る舞われました

 

ランチメニューは1000円から、ディナーメニューは1980円から

ランチメニューは1000円/1600円/2400円(すべて税別)の3種類。ディナーメニューは1980円/2400円/2800円/3800円(すべて税別)で、鯛カマと豆腐の白湯煮込み(700円・税別)など、アラカルトメニューも数多く取り揃えています。お酒も用意していますよ。

↑ランチメニューの象印御膳(1600円)。象印御膳は主菜を4種類のなかから選べます。写真は海老焼売。健康に留意し全体的に薄味で上品な味付け。象印のごはんの甘さによく合います

 

↑ランチメニュー「鯛茶漬け御膳」(2400円)。ディナーでも食べることができます

 

↑ディナーメニュー「吟醸蒸し御膳」(3800円)。食前酒、鴨の塩焼き、黒毛和牛の吟醸蒸しなど、見るからにおいしそうな料理の数々。よだれが止まりません!

 

↑鯛の変わり造り(780円・税別)など、お酒に合いそうなアラカルト料理も。仕事帰りに日本酒で軽く一杯に最適です

 

30~40代の働く女性とインバウンドの客がターゲット

正式オープン前に開催された内覧会では、市川典男社長は常設レストランを開設した狙いを次のように語りました。

 

「この食堂は30-40代の働く女性をターゲットにしています。若い女性たちに、家庭料理を通じて日本食のおいしさ、そして、象印の炊飯器で炊いたごはんのおいしさを味わってもらいたい。また、難波はインバウンドのお客様も多いので、この食堂は世界に象印ブランドを広める大きな看板になるでしょう」

↑「若い女性やインバウンド客に象印ブランドの認知拡大を図りたい」と象印マホービンの市川典男社長

 

料理を監修した吉田麻子さんは、「大阪では今では粉物が有名ですが、実は日本料理が発達してきた街。凝った調理ではなく、家庭でも作ることができる大阪らしい料理を考えました。また、象印の炊飯器で炊いたごはんは甘く、味がしっかりしているので、それに負けないよう、でも、邪魔しないような味付けを心がけています」とメニューを解説してくれました。今後、同食堂では吉田さんや五ツ星お米マイスターを講師に、料理教室や「おいしいお茶の淹れ方」などのセミナーも実施する予定です。

↑「大阪には食い味(くいあじ)という言葉があります。食べておいしいと感じること。象印も在阪の企業なので、食べた瞬間においしいと感じる、ごはんに負けないお料理を作りました」と料理家の吉田さん

 

店内ではお弁当やオリジナル商品の販売も

店内ではお弁当の販売や、食堂内で提供しているお米の販売、ステンレスマグやタンブラーといった象印オリジナル商品の販売も行っています。

↑お弁当は800円~1500円まで。大阪人が好きな牛肉メニューもあります

 

確かに、大阪というとお好み焼きやたこ焼きなどの粉物文化ばかりが有名。東京から仕事で行ったときは、和食を食べようと考えたことがありませんでした。しかし、粉物の派手な味付けとは対象的な和食も、実は大阪の食道楽文化によって育まれたもの。そう考えると、大阪の炊飯器メーカーで炊いたごはんと、大阪の味付けの和食が合わないわけがありません。今後、象印食堂はミナミの新名所になるかもしれませんね。

 

なお、象印食堂があるフロアには、理美容家電メーカーのヤーマンのショップや、マッサージチェアメーカー・ファミリーイナダのショップもあります。ともに、購入できるだけでなく、その場で体験もできるので、のぞいてみてはいかがでしょう。

↑理美容家電メーカー、ヤーマンのショップでは光エステやドライヤーを体験、購入できます

 

↑ファミリーイナダのショップでは最高級のマッサージチェアの体験のほか、リース契約も可能です

 

【関連記事】
「白物家電の王様」に輝くのはどれだ? 「家電大賞2018」ノミネート98製品を一気見せ!
心理学でも効果を実証!「家事がはかどる音楽」に込められた「やる気を引き出す」4つのルール
ツルツルの歯に感動! 歯垢、ステインを除去してくれるオススメ電動歯ブラシ5選
2018年、家電の専門家12人が「自腹買いした生活家電&調理家電」13選を大紹介!
ワイシャツもスーツもパリッ! 最強の時短家電「スチームアイロン」のオススメ5選

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです