メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WTO

米輸入制限でパネル設置 中国の知的財産侵害も

 世界貿易機関(WTO)は21日の会合で、米国による鉄鋼などの輸入制限を不当とする欧州連合(EU)や中国など7カ国・地域が求めていた紛争処理小委員会(パネル)の設置を決定した。また中国が知的財産権を侵害しているとして米側が求めていたパネルも設けることになった。

 パネルは通商紛争訴訟で「1審」に当たり、トランプ米政権が仕掛けた「貿易戦争」を巡りWTOで本格的な審理が始まる。さらにEUなどの報復措置は不当として米国が要請したパネルの設置も決まった。

 通商筋によると、米国代表は会合で「輸入制限は国家の安全保障を理由としたものだ」と説明、WTOで安全保障問題が扱われるべきではないと主張した。

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  5. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです