メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

兵庫

春の味覚「イカナゴ」が危機 漁獲減で初の研究集会

イカナゴのくぎ煮

 研究者が瀬戸内海のイカナゴについて現状や課題を発表する「東部瀬戸内海研究集会」が21日、兵庫県明石市立市民会館であった。春の風物詩としてシンコ(稚魚)のくぎ煮や釜揚げで親しまれているイカナゴの漁獲量が、近年著しく減少していることを受けて初めて開催された。

 東部瀬戸内海は大阪湾、播磨灘をはじめ紀伊水道、備讃…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文387文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
  2. さよならムーミン列車 いすみ鉄道、3月末に終了 経営環境厳しく
  3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  4. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
  5. 「赤毛」の秋田犬ぬいぐるみがヒット 白毛と虎毛も登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです