兵庫

春の味覚「イカナゴ」が危機 漁獲減で初の研究集会

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
イカナゴのくぎ煮
イカナゴのくぎ煮

 研究者が瀬戸内海のイカナゴについて現状や課題を発表する「東部瀬戸内海研究集会」が21日、兵庫県明石市立市民会館であった。春の風物詩としてシンコ(稚魚)のくぎ煮や釜揚げで親しまれているイカナゴの漁獲量が、近年著しく減少していることを受けて初めて開催された。

 東部瀬戸内海は大阪湾、播磨灘をはじめ紀伊水道、備讃…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文387文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集