メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮城

女川原発署名5万7000筆超 法定数突破

記者会見する多々良哲代表(中央)ら「女川原発再稼働の是非をみんなで決める県民投票を実現する会」メンバー=宮城県庁で2018年11月21日午後1時0分、本橋敦子撮影

 東北電力女川原発(宮城県女川町、石巻市)再稼働の是非を問う県民投票条例制定を目指す「女川原発再稼働の是非をみんなで決める県民投票を実現する会」(多々良哲代表)は21日、県庁で会見し、20日までに5万7294筆の署名を集めたと発表した。地方自治法で定められた直接請求に必要な法定数(今回の場合、県内の有権者数の50分の1)である約4万筆を突破し、早ければ来年2月にも村井嘉浩知事に本請求の手続きを取る。

 同会は立地自治体だけでなく県民が意思表示できる機会をつくることを求め、先月2日から署名活動を実施。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
  3. 安定感増したチェン、2連覇 羽生演技にも動ぜず 世界フィギュア
  4. 宇野、覚悟のフリーも170点台 不完全燃焼
  5. 「跳ぶ使命感」 勝負師・羽生、思い込めた4分間 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです