メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
原子力機構

廃棄物5万本の一部分別せず 点検に50年

 日本原子力研究開発機構が原子力科学研究所(茨城県東海村)の敷地で保管する低レベル放射性廃棄物入りのドラム缶(200リットル)の一部で中身が適切に分別されていないことが21日、分かった。この影響で過去にはドラム缶内で水分が生じ、腐食や漏出が見つかった。機構は約5万3000本を50年以上かけて点検する計画を原子力規制委員会に示したが、委員は同日の会合で「50年もかかるのでは点検しないのと一緒だ」として期間短縮を求めた。

 機構や規制委によると、保管場所は、地下を掘りコンクリート設備を埋め込んだ「ピット」で1964~76…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文541文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  4. 桃田、西本、常山ら順当に2回戦へ 世界バドミントン開幕

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです