メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇居

陛下の祈り国民と共に 23日、在位中最後の新嘗祭

2013年に皇居・神嘉殿で営まれた新嘗祭(夕の儀)=宮内庁提供

 天皇陛下は23日夜、皇居で在位中最後の新嘗祭(にいなめさい)に臨まれる。宮中祭祀(さいし)の中で最重要とされる五穀豊穣(ほうじょう)を祈る儀式だ。様子は非公開だが、関係者の証言をたどると、丹念に準備をしたうえで「国民と共に」との考え方で臨み続けた陛下の姿が浮かぶ。

 新嘗祭は皇居内の神嘉殿(しんかでん)で行われる。午後6時からの「夕(よい)の儀」と午後11時からの「暁(あかつき)の儀」がある。暖房のない寒さの中、それぞれ2時間ほど続き、たいまつの明かりが静寂な空間を照らす。

 陛下は湯で身を清め、白の絹でできた「御祭服(ごさいふく)」に身を包み、神前に新穀などを供える。祝詞…

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1113文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 吉川市 市長、職員の暴言謝罪 抗議受けALS患者に /埼玉
  5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです