最高裁

浅川ダム訴訟、住民敗訴が確定

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 長野県が建設し、2017年に完成した県営浅川ダム(長野市)を巡り、住民ら158人が建設費約120億円を阿部守一知事らに返還請求することなどを県に求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(宮崎裕子裁判長)は住民の上告を退ける決定をした。20日付。住民敗訴の1、2審判決が確定した。

 浅川ダムは01年、田中康夫知事(当時)…

この記事は有料記事です。

残り108文字(全文263文字)

あわせて読みたい

注目の特集