警視庁

調布の小型機墜落、死亡機長ら書類送検

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2015年7月に東京都調布市で小型プロペラ機が墜落し住民を含む8人が死傷した事故で、警視庁捜査1課は21日、機体を管理していた「日本エアロテック」(同市)の小山純二社長(65)と、事故で死亡した川村泰史機長(当時36歳)を業務上過失致死傷容疑で書類送検した。

 送検容疑は15年7月26日、調布飛行場から大島空港(東京都大島町)に向けて飛行する際、出発前の重量確認などを怠り、過重量で飛行機を墜落させ、住民の鈴木希望さん(当時34歳)と搭乗者の早川充さん(同36歳)を死亡させたほか、住民ら5人にけがをさせたとして…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文644文字)

あわせて読みたい

ニュース特集