メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京地裁

車いす試飲中止訴訟、百貨店側争う姿勢

[PR]

 車いす利用者であることを理由にワインの試飲を途中でやめさせられたのは、障害者差別解消法が禁じる不当な差別にあたるなどとして、50代男性が百貨店とテナントに170万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が21日、東京地裁であった。百貨店側は試飲拒否について、過去に試飲した電動車いす利用者が他の客と接触事故を起こしたことから「安全確保のため必要」と主張し、争う姿勢を示した。

 訴状によると、東京都在住の男性は8月、西武池袋本店(豊島区)の酒売り場を手動車いすで訪れ、1杯1000円程度を支払ってワインを試飲した。2杯目を飲んでいたところ「車イスおよび電動車イスでご来店のお客様の試飲は、ご容赦ください」と書かれた紙を渡され、試飲をやめるよう求められたという。

 弁論で男性の代理人弁護士は「店内での他の客との事故やトラブルは車いすに限らない。車いすの人だけの(試飲を断る)ポリシーを作っているのは車いすを厄介者扱いしている」と批判。百貨店の代理人弁護士は「店内で客が転倒するなどのトラブルや事故は多々ある」と認めたものの、男性への対応の正当性を強調した。【成田有佳】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  2. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 三菱京都病院の医師が新型コロナ感染 症状出た後、患者数人診察か 外来中止

  5. 大阪府で新たに41人感染確認 1日あたり最多 死者4人に 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです