メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

老人施設6人死亡

「老衰や病死」関連否定 鹿児島

記者会見で質問に答える波江野医師=鹿児島県鹿屋市野里町の「風の舞」で2018年11月21日午後1時2分、新開良一撮影

 鹿児島県鹿屋(かのや)市の住宅型有料老人ホーム「風の舞」で、10月から11月半ばまでの約1カ月間に、当時の入居者約40人のうち6人が相次いで死亡していた。同施設などへの取材で分かった。施設では8~9月に介護職員8人全員が退職し、夜間は施設長がほぼ1人で対応していた。施設側はいずれも死因は老衰や病死とし「(職員の退職と)死亡との因果関係はない」との認識を示した。鹿児島県が立ち入り調査をして運営実態を調べている。

 21日に記者会見した運営グループ統括の波江野力(つとむ)医師によると、亡くなったのは85~97歳の…

この記事は有料記事です。

残り1161文字(全文1418文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです