メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

羽生、最速2000局 順位戦勝利で飾る

通算2000対局となる阿久津主税八段とのA級順位戦で初手を指す羽生善治竜王=東京都渋谷区の将棋会館で2018年11月21日午前10時、和田大典撮影

 将棋の羽生善治竜王(48)は21日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第77期名人戦A級順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)の阿久津主税八段(36)戦で、史上7人目の公式戦通算2000局に到達した。最年少の48歳1カ月、プロ入りから最速の32年11カ月、7割0分9厘の最高勝率での達成となった。

 歴代の2000局達成者で、これまでの最年少・最速記録は谷川浩司九段(56)の52歳4カ月・37年8カ…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  2. 政府、新型肺炎を「指定感染症」に 28日にも武漢チャーター機 茂木外相「現地に560人」

  3. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです