メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

作詞家・松本隆が絶賛した“泣き歌の女王”クミコ 心震える歌声の魅力に迫る

 トーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、11月24日(土)午前7時半~8時)のゲストは、歌手のクミコさん。“聴くもの全てが涙する歌手”として今、大注目のクミコさん。

     永六輔さん、つんくさん、大石静さんなど錚々たる面々がその歌声に聴き惚れ、彼女のコンサート会場では思わず泣いてしまう観客が続出しています。

     もともとは27歳の時に伝説のシャンソン喫茶「銀巴里」でシャンソンを歌い始めたクミコさん。一度は歌を諦めようとしましたが、46歳の時にあることがきっかけで作詞家・松本隆にその才能を絶賛され再デビュー。その歌声に惚れ込んだ松本氏が全面プロデュースしたアルバム「AURA」で一躍脚光を浴び、その後「わが麗しき恋物語」が“号泣ソング”としてラジオのリスナーから火がつき、大反響となりました。

     さらに、今年リリースした楽曲で、アメリカの女性詩人が息子をなくした時に書いた詩をもとに作られた「最後だとわかっていたなら」は、その曲の世界観とクミコさんの歌声で多くの人の涙腺を刺激し、今話題になっています。

     彼女の歌声の魅力とは一体何なのか?

     スタジオではサワコも思わず涙ぐむ……素晴らしい生歌も披露してくださいます。歌手になるまでの意外な過去や、今どのような想いで歌と向き合っているのか、クミコのあたたかくて心震える歌のヒミツに迫ります。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
    2. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
    3. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
    4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
    5. 新海監督、京アニに「どうかご無事で」 米国では寄付募集の動きも

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです