メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ISPS Handa Melbourne World Cup of Golf

[速報]小平・谷原ペアは6アンダー13位タイ発進(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

ISPSハンダ ワールドカップ・オブ・ゴルフ 初日

ISPSハンダ ワールドカップ・オブ・ゴルフ/豪州 ザ・メトロポリタンGC

 ビクトリア州サウスオークリー(豪州)で開幕したISPSハンダ ワールドカップ・オブ・ゴルフ。今大会は28の国と地域から2人ずつがチームを組んで出場する。日本チームは小平智と谷原秀人のペアで参戦している。

 大会初日はフォアボール(2人がそれぞれ自分のボールをプレーし、ホールごとによいほうのスコアを採用)で行われた。小平・谷原ペアは6アンダー66(パー72)でプレー。首位と4打差の13位タイで初日のラウンドを終えた。

MORE:ISPSハンダ ワールドカップ・オブ・ゴルフの最新スコアはここをクリック!

 小平・谷原ペアは現地時間の10時50分に1番ホールからスタート。3番パー4でバーディを先行させると、4番パー5ではイーグルを奪った。6番パー3をボギーとしたが、9番パー5で再びイーグルを奪い、前半を4アンダーで折り返した。

 後半に入ると、13番パー4と14番パー5でバーディを重ねた。結局、この日のスコアは2イーグル、3バーディ、1ボギーの6アンダー66。首位と4打差の13位タイとまずまずのスタートを切った。

マーク・リーシュマン(左)/キャメロン・スミス(右)の豪州チームが地元の大会で10アンダー首位タイ発進 Photo by Scott Barbour/Getty Images

 初日終了時点で首位に立ったのは、地元豪州(マーク・リーシュマン/キャメロン・スミス)、韓国(アン・ビョンフン/キム・シウ)、イングランド(イアン・ポールター/ティレル・ハットン)の3チーム。10アンダーで並んだ。

 首位と1打差の9アンダー4位タイに、前回覇者のデンマーク(トービヨン・オルセン/ソレン・ケルドセン)、マレーシア(ガビン・カイル・グリーン/ベン・レオン)、ベルギー(トーマス・ピータース/トーマス・デトリー)の3チームがつけている。

 首位と2打差の8アンダー7位タイに、アイルランド(シェーン・ローリー/ポール・ダン)とインド(アニルバン・ラヒリ/ガガンジート・ブラー)の2チームが続いている。

 大会2日目はフォアサム(1つのボールを2人が交互に打ってプレー)で行われる。今大会は予選落ちがなく、棄権や失格とならない限り最終日までプレーできる。


情報提供:PGA Tour

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  2. 大津園児死傷事故 逮捕当日釈放の62歳女性書類送検
  3. 遺体 海上に乳児 母親か、近くに女性遺体も 青森 /青森
  4. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  5. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです