メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい自習室

/16 樋口恵子さんの実践 「お任せデス」の再考を /東京

トークで会場をわかせ、考えさせる樋口恵子さん=毎日新聞東京本社で11月5日

 毎日新聞東京本社で5日に開かれたNPO法人「りすシステム」(千代田区)のシンポジウム「生き方・死に方を考える」は、立ち見も出るほどの盛会だった。人生最終盤の医療についてがテーマだったから、関心が高かったのだろう。

 「りす」は、死の迎え方を自分で決めたい人をサポートしてきた。いわゆる「生前契約」を進めてきたのだが、1993年のサービス開始当初、そんな団体は見当たらなかった。ひとり暮らし世帯の急増につれ「生前契約」という言葉は認知されてきたが、事前に準備しておくことは、想像以上に多岐にわたることが分かってきた。

 そこで、25周年記念のシンポジウムは、中でもいちばん自分の意思を通すことが難しい「医療」をテーマに…

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1113文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです