メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丸くなる仕組み解明 再生医療活用に期待 京大など /京都

目が丸くなる仕組み

 京都大などの研究グループは、哺乳類の目が丸くなる仕組みを解明したと発表した。目になる組織の細胞同士が組織全体の変形を感知し、互いに微調整しているという。iPS細胞(人工多能性幹細胞)やES細胞(胚性幹細胞)から作製した細胞や組織を移植する「再生医療」では現在、眼球のような複雑な組織・器官を作ることは難しいといい、今回の解明が役立つ可能性がある。成果は22日、米科学誌「サイエンス・アドバンシーズ」電子版に掲載された。

 哺乳類の目は、シート状の脳組織が突き出して半球状となり、その先端が次第にくぼんでカップ状の「眼杯」…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文672文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです