メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丸くなる仕組み解明 再生医療活用に期待 京大など /京都

目が丸くなる仕組み

 京都大などの研究グループは、哺乳類の目が丸くなる仕組みを解明したと発表した。目になる組織の細胞同士が組織全体の変形を感知し、互いに微調整しているという。iPS細胞(人工多能性幹細胞)やES細胞(胚性幹細胞)から作製した細胞や組織を移植する「再生医療」では現在、眼球のような複雑な組織・器官を作ることは難しいといい、今回の解明が役立つ可能性がある。成果は22日、米科学誌「サイエンス・アドバンシーズ」電子版に掲載された。

 哺乳類の目は、シート状の脳組織が突き出して半球状となり、その先端が次第にくぼんでカップ状の「眼杯」…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  3. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです