メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映像

懐かしく新鮮な「鳥取」 50年代~80年代8ミリ12本 県立図書館で上映 /鳥取

1964年の聖火リレーなど鳥取県内の8ミリフィルム記録を集めた蛇谷りえさん(右)と松本篤さん=鳥取市尚徳町の県立図書館で、山本真也撮影

 1950年代~80年代に8ミリフィルムで撮影された県内の映像12本(計154分)が、9日から県立図書館(鳥取市尚徳町)3カ所のモニターで流されている。鳥取大丸(同市)の、今はなき屋上の遊園地で遊ぶ子供たちや、旧鹿野町で行われた東京五輪の聖火リレーのにぎわいなど年配者にとっては懐かしく、若者には新鮮な「鳥取」。湯梨浜町の蛇谷りえさん(34)らが収集、企画した。29日まで。【山本真也】

 蛇谷さんらは2012年から、角(すみ)が折れているような古い本を募り、鳥取市内に「すみおれ図書館」を開設している。市井の人々の目で記録された映像も残そうと、16年から大学生ら4、5人と「すみおれアーカイヴス」の名で収集を始めた。

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文931文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3歳娘放置死 逮捕の母は5月にも交際男性と旅行 日常的に育児放棄か

  2. コロナのエアコンで「コロナ禍に打ち勝て」 一人親世帯に無償提供 新潟・三条

  3. 愛知・豊橋、岐阜・八百津、三重・桑名…各地で突風、竜巻か 「屋根飛ばされた」

  4. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  5. 3歳衰弱死 逮捕の母、おむつ替えて119番か 8日間放置を隠蔽の可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです