メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

井上志幽・義子展

季節の草花、絵画と書で 高松で夫婦合作展 /香川

寒アヤメの絵に書を添えた作品を眺める観覧者=高松市紺屋町で、小川和久撮影

 季節の草花を鮮やかに描いた絵に書を添えた小豆島町の夫婦による作品展「井上志幽・義子展」(毎日新聞高松支局など後援)が22日、高松市紺屋町の市美術館・市民ギャラリーで始まった。25日まで。

 毎日書道学会理事の井上志幽さん(73)は高校で書道教員を34年間務めながら研さんを重ね、四国書道展会長賞など数…

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文350文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです