連載

四国人

四つの国には熱意を持った人々がいる。四国人(しこくびと)を紹介する。

連載一覧

四国人

/40 ブックカフェ・バー「半空」店長 岡田陽介さん /四国

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ブックカフェ・バー「半空(なかぞら)」店長の岡田陽介さん=高松市瓦町1で、小川和久撮影
ブックカフェ・バー「半空(なかぞら)」店長の岡田陽介さん=高松市瓦町1で、小川和久撮影

客を癒やす、止まり木に 岡田陽介(おかだようすけ)さん(37)

 高松市瓦町1にあるビルの2階で、ブックカフェ・バー「半空(なかぞら)」を営む。店内の壁の本棚などには約2000冊もの本。ジャズやロックが流れる中で、客は気になった一冊を手に取ったり自分が持ち込んだ本に没頭したりして、思い思いの時を過ごす。

 中学生の頃に小説を読み始めた。特に好きな作家は内田百ケン。独特のユーモアあふれる文章に夢中になった。一冊でも多くの本を読みたいと、毎月の小遣い1000円で100円の中古の文庫本を買いあさった。高校に進むと、市内のジャズ喫茶に通いページをめくる日々。職業や年齢もさまざまな客と会話を交わすうち、自分も店を構えたいとの思いが強くなった。

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文1016文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集