メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

「移民社会」の足音/7 壁なくす支援模索

群馬県大泉町は「多文化共生事業」の一環で、外国人を対象に盆栽などの日本文化を教えている=2018年10月5日、杉直樹撮影

 街角のスーパーには買い物に訪れる多くのブラジル人らの姿があった。店の看板は「SUPER MERCADO(スーパーマーケット)」。ブラジルの公用語であるポルトガル語だ。

 パナソニックやSUBARU(スバル)などの大企業の工場や関連する中小企業が集積する群馬県大泉町の人口は約4万人。外国人比率の高さは約18%とトップクラスで、全国の自治体から視察の申し込みが後を絶たない。「将来の日本の縮図」ともいわれる。

 町に外国人が集住し始めたのは約30年前。1990年の入管法改正で日本にルーツを持つ外国人(日系人)…

この記事は有料記事です。

残り1387文字(全文1640文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. センバツ「21世紀枠」候補9校を発表 釧路湖陵、八尾など
  5. 東名あおり 強固な犯意「常軌逸している」 懲役18年判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです