メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

「移民社会」の足音/7 壁なくす支援模索

群馬県大泉町は「多文化共生事業」の一環で、外国人を対象に盆栽などの日本文化を教えている=2018年10月5日、杉直樹撮影

 街角のスーパーには買い物に訪れる多くのブラジル人らの姿があった。店の看板は「SUPER MERCADO(スーパーマーケット)」。ブラジルの公用語であるポルトガル語だ。

 パナソニックやSUBARU(スバル)などの大企業の工場や関連する中小企業が集積する群馬県大泉町の人口は約4万人。外国人比率の高さは約18%とトップクラスで、全国の自治体から視察の申し込みが後を絶たない。「将来の日本の縮図」ともいわれる。

 町に外国人が集住し始めたのは約30年前。1990年の入管法改正で日本にルーツを持つ外国人(日系人)…

この記事は有料記事です。

残り1387文字(全文1640文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

  4. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  5. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです