メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

「移民社会」の足音/7 壁なくす支援模索

群馬県大泉町は「多文化共生事業」の一環で、外国人を対象に盆栽などの日本文化を教えている=2018年10月5日、杉直樹撮影

 街角のスーパーには買い物に訪れる多くのブラジル人らの姿があった。店の看板は「SUPER MERCADO(スーパーマーケット)」。ブラジルの公用語であるポルトガル語だ。

 パナソニックやSUBARU(スバル)などの大企業の工場や関連する中小企業が集積する群馬県大泉町の人口は約4万人。外国人比率の高さは約18%とトップクラスで、全国の自治体から視察の申し込みが後を絶たない。「将来の日本の縮図」ともいわれる。

 町に外国人が集住し始めたのは約30年前。1990年の入管法改正で日本にルーツを持つ外国人(日系人)…

この記事は有料記事です。

残り1387文字(全文1640文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 他人のカードで1億円引き出し 池袋署が窃盗容疑で女逮捕
  3. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
  4. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  5. 沼田 現金4251万円持ち主名乗り続々 お宝騒動再び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです