メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「移民社会」 入管政策のあり方

高宅茂・元法務省入国管理局長=和田武士撮影

 外国人労働者の受け入れを拡大するための在留資格新設を柱とする入管法改正案の国会審議が本格化している。人手不足に苦しむ産業界には新たな働き手への期待がある一方、治安悪化などへの国民の不安も指摘される。政府は法務省入国管理局を出入国在留管理庁に格上げする方針だが、日本の出入国在留管理政策はどうあるべきか。

この記事は有料記事です。

残り4433文字(全文4585文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 池袋ホテル殺人 容疑者、SNSで自殺志願者募る

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです