メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し
動くか日露

北方領土交渉/上(その2止) 首相「4島」方針転換か 世論調査結果に自信

北方領土交渉を巡る日ソ・日露間の主な合意文書

 

 安倍晋三首相がプーチン大統領との日露首脳会談で今後の交渉の「基礎」にするよう提案した日ソ共同宣言(1956年)。日本は松本俊一氏、旧ソ連はヤコフ・マリク氏(共に元駐英大使)が全権を務めた。首相は今年9月、自民党総裁選の際、「松本・マリクの交渉記録を全部読んだ。秘密交渉もある。その中で、どういう解決策があるかだ」と語っていた。今回の「提案」を温めていたようだ。

 当時の交渉で、ソ連は北方領土の4島を「自国領」とし、歯舞、色丹両島の「譲渡」を主張。日本が想定した…

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1086文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

  5. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです