メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

メルケル独首相 3年後の引退 対話姿勢、今こそ評価を=中西啓介(ベルリン支局)

笑みを絶やさず、異なる意見を尊重し、妥協策を見いだすのがメルケル独首相の政治姿勢だ=ベルリンで2018年7月20日、メルリン・ズグエ撮影

 ドイツ初の女性首相として、国際問題の解決に貢献してきたアンゲラ・メルケル首相(64)が先月、3年後の政界引退を表明した。政権内の内紛から、与党が地方選挙で大敗した責任を明確にし、政権を立て直そうと勝負に出た形だ。世界では今、トランプ米大統領のように平気でウソをつき、移民など少数派の排除を主張する「強い男」が台頭する。こういう時代にこそ、異論を排除するのではなく、対話を模索してきたメルケル氏の「言葉」と「姿勢」が、改めて評価されるべきだと私は感じている。

この記事は有料記事です。

残り1805文字(全文2034文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです