メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 先の中間選挙で連邦議会下院の多数派となった米民主党。「さあトランプ弾劾だ」と勇み立つかと思いきや、かなり慎重である。

 年明けから下院議長に返り咲くはずのペロシ院内総務も、次期大統領選への出馬がうわさされるバイデン前副大統領も、民主党として弾劾を前面に出すことは気乗り薄だ。

 確かに数が足りない。大統領の訴追は下院の過半数の賛成で可能だが、弾劾には上院の3分の2以上の賛成が必要だ。今の上院議席は半数にも届かないから、当面はロシアとの癒着疑惑をめぐるモラー特別検察官の捜査を見守ろう。民主党幹部はそう考えているようだ。

 第二の理由、もしかして第一かもしれないが、20年前のクリントン大統領(民主党)の訴追劇が教訓になっ…

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文989文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌の飲食店付近で爆発 けが人10人以上か 札幌市
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. 札幌飲食店付近で爆発 店「跡形もなく」 消防員近づかないよう呼びかけ
  4. 爆発 マンション駐車場で車大破 1人けが 大阪・東淀川
  5. 雑居ビルで爆発 42人負傷 ガス爆発の可能性も 札幌市

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです