メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バルカン3国

新国家の夢 「アルバニア系」統一再燃 民族差別解消へ、EU加盟が焦点

アルバニア系住民が多く住むマケドニアの首都スコピエの旧市街=2018年9月27日、三木幸治撮影

 東欧バルカン半島の専門家が最近、「大アルバニア主義」が復活する可能性を指摘している。アルバニア系住民が住むアルバニア、コソボ、マケドニアの一部を統合し、一つの国家を造ろうとする国境線の変更を伴う構想で、機運が高まれば、周辺国で反発が広がるのは必至だ。かつて「欧州の火薬庫」と呼ばれたバルカンで、「大アルバニア主義」は新たな火種となるのか。【スコピエ(マケドニア)で三木幸治】

この記事は有料記事です。

残り2187文字(全文2375文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです