メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北方領土

2島返還、米が障害に 露科学アカデミー極東研 日本研究センター ワレリー・キスタノフ所長

ロシア科学アカデミー極東研究所のワレリー・キスタノフ日本研究センター長=モスクワで2018年11月21日、大前仁撮影

 【モスクワ大前仁】日露両国が平和条約交渉の加速化で一致したことに関連し、ロシア科学アカデミー極東研究所のワレリー・キスタノフ日本研究センター所長は21日、「日露両国が平和条約に署名し歯舞群島と色丹島を引き渡そうとしても、米国を巡る問題が障害になる」との見方を示した。毎日新聞とのインタビューに答えた。

 ロシアは日本に対し、歯舞、色丹両島を返還する場合でも米軍が両島に駐留しないという法的な約束を求めて…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  2. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ハードディスク「職員が立ち会い確実に破壊を」 総務省が通知

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです