メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

QRコード決済

ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化

ペイペイの100億円還元キャンペーンを発表する中山一郎社長(左から4人目)ら=東京都渋谷区で2018年11月22日午後1時23分、今村茜撮影

 ソフトバンク系のQRコード決済会社ペイペイは22日、利用者に総額100億円を還元するキャンペーンを始めると発表した。スマートフォンでQRコードを利用する決済サービスはアマゾンや楽天、LINE(ライン)などが参入し競争が激化しており、後発のペイペイは還元キャンペーンで追い上げを図る。

 QRコード決済の専用アプリ「ペイペイ」を使って支払いをした利用客に対し、支払額の20%を還元(毎月の上限5万円)するほか、支払いごとに全額を返還する抽選も行う。

 全国のファミリーマートで利用できるようになる12月4日から開始し、還元額が総額100億円に達するまでか、来年3月末まで継続する。22日東京都内で開いた記者会見で、中山一郎社長は「100億円を投じ新規利用者と加盟店両方の獲得を目指す」と意気込んだ。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文862文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  2. 特集ワイド コロナショック 正確な現状分析なき「宣言」 元厚労相・前都知事、舛添要一氏

  3. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  4. 学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

  5. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです