メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

米国のIT企業はバブルなのか=インターネットイニシアティブ会長・鈴木幸一

 米国の株価下落が続いている。利上げや米中貿易戦争などがマイナス要因として指摘されているが、ずいぶんと長い期間にわたって株価が上昇を続けてきたものだというのが、正直な感想である。上昇局面が長く続くと、バブルではないかという不安はあるものの、過去何度か崩壊を経験しながら、そのタイミングを見極めることは難しい。

 21世紀に入ってすぐに米国のITバブルが崩壊した。弊社はナスダック市場で株式公開しており、業績に関係なく株価が何分の1かになった記憶を思い起こす。株価がピークだった2000年ごろと比べると、現在の売上高、利益は10倍以上になった一方で、株価は8分の1程度である。当時は市場の期待が過大だったのかもしれないが、以後も成長を続けているのにと、腑(ふ)に落ちない。

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 時津風親方、初場所中にマージャン店へ 2度目の違反 厳罰の可能性

  4. 豚熱発生の養豚場290頭の殺処分決定 野生動物から感染の可能性 和歌山

  5. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです