メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

「共に楽しもう」 ボランティア障害者説明会

車いす利用者らが参加した2020年東京五輪・パラリンピックのボランティア説明会=東京都北区の都障害者総合スポーツセンターで2018年11月22日、芳賀竜也撮影

 東京都は22日、都障害者総合スポーツセンター(北区)で、主に障害者を対象にした2020年東京五輪・パラリンピックのボランティア説明会を開いた。8月以降、開催してきた説明会で障害者を中心に呼びかけるのは初めて。大会ビジョンの「多様性と調和」をボランティア分野でも実現するのが狙い。

 説明会では都に加え大会組織委員会も参加して役割などを説明した。パラ…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. どうすれば安全安心 登山中のトラブル対処法 道迷ったら動き回らない

  3. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  4. 感謝状 迷子の4歳女児保護 お手柄の能古見小5年・熊本さんに 鹿島署 /佐賀

  5. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです