メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

翔ける

宮城からTOKYOへ クイーンズ駅伝/中 今年こそ「本物の」V 堀優花(22)=パナソニック

全日本実業団対抗選手権の女子1万メートルで快走する堀優花=2018年9月21日、山崎一輝撮影

 <翔ける(かける)>

 全日本大会2連覇を狙うパナソニックのエースは、飛躍を遂げたチームの象徴的な存在だ。

 愛知・豊川高では一つ上の関根花観(はなみ)=日本郵政グループ、同学年の鷲見梓沙(ユニバーサルエンターテインメント)の陰に隠れ、目立った成績を残せなかった。

 高校卒業後も股関節の故障に悩まされたが、転機は社会人2年目、2016年に訪れた。同年に就任した安養寺俊隆監督が打ち出した「腹八分目メニュー」が奏功した。走る距離を抑えたことで故障しなくなり、練習を継続できるようになった。走行距離が減った分は1時間歩いたり、補強トレーニングを増やしたりして補った。「練習を積めるようになり、とても上り調子になった」。才能が開花し、昨季から1万メートルで国内トップ選手の仲間入りを果たした。

 持ち味の持久力は岐阜県高山市の中学時代に培われた。全国大会常連の強豪ハンドボール部に所属したが、1年の時に体育の長距離走で全校トップになったことがきっかけで陸上部も兼ねるようになった。連日のように二つの部の練習をこなし、「今考えるとすごいことをしていた」と苦笑しながら振り返る。

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文887文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです