メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大分・宇佐

モクズガニが激減 郷土料理に影響も

駅館川で激減しているモクズガニ=大漉実知朗撮影

 大分県宇佐市にある駅館(やっかん)川でモクズガニ(ズガニ)の漁獲量が例年に比べ激減している。モクズガニは郷土料理などにも使われており、市内のモクズガニ仲卸業者や料理店が入手に苦労するなど影響が出ている。しかし、その一方で豊後大野市などを流れる大野川では、モクズガニは豊漁。駅館川の異変に漁協関係者も困惑を隠せず、対策がとれていないのが現状だ。【大漉実知朗】

 モクズガニは県内全域で塩ゆでにしたり、砕いてこして作るしょうゆ味の「がん汁」にしたりする。がん汁は…

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文825文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  2. 戦後70年 今も続いている国民への忍耐押しつけ
  3. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  4. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです