参院委

水道法改正案が審議入り 野党「民間運営」に反発

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自治体の水道事業の広域連携や官民連携を進めるための水道法改正案が22日、参院厚生労働委員会で審議入りした。与党は臨時国会での成立を目指すが、野党は民間企業への水道事業運営権の売却を盛り込んでいる点を「安全で安価な水を安定提供できなくなる可能性がある」と反対している。

 水道事業は人口減に伴う料金収入の減少と…

この記事は有料記事です。

残り153文字(全文307文字)

あわせて読みたい

注目の特集