辺野古移設

国・沖縄県が3回目集中協議 12月も継続へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 杉田和博官房副長官と沖縄県の謝花(じゃはな)喜一郎副知事は22日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、東京都内で3回目の集中協議を行った。移設反対を主張した謝花氏に対し、杉田氏は「辺野古移設を断念する考えはない」と応じず、平行線だった。謝花氏は対抗措置として政府の第三者…

この記事は有料記事です。

残り119文字(全文269文字)

あわせて読みたい

ニュース特集