メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー

露の日本専門家「2島返還、障害は米国」

ロシア科学アカデミー極東研究所のワレリー・キスタノフ日本研究センター長=モスクワで2018年11月21日、大前仁撮影

 【モスクワ大前仁】日露両国が平和条約交渉の加速化で一致したことに関連し、ロシア科学アカデミー極東研究所のワレリー・キスタノフ日本研究センター所長は21日、「日露両国が平和条約に署名し歯舞群島と色丹島を引き渡そうとしても、米国を巡る問題が障害になる」との見方を示した。毎日新聞とのインタビューに答えた。

 ロシアは日本に対し、歯舞、色丹両島を返還する場合でも米軍が両島に駐留しないという法的な約束を求めて…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです