メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州

英とEU「政治宣言」修正案で暫定合意

 【ブリュッセル八田浩輔】英国と欧州連合(EU)は22日、英国離脱後の将来の関係の大枠を定めた「政治宣言」の修正案について暫定的に合意した。トゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)がツイッターで明らかにした。双方は25日の臨時EU首脳会議で、離脱の条件を定めた「離脱協定」と共に正式な決定を目指す。

 英・EUは今月13日、「政治宣言」と「離脱協定」の二つの草案について事務レベルで合意。英国も閣議でこれを了承したが、与党・保守党内の強硬派から強い反発を受けた。またEU側も英領海での漁業権や、スペイン南端の半島にある英領ジブラルタルの地位を巡って加盟国が態度を硬化させたため、英・EU双方は法…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです