メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
最高裁

橋下前大阪市長の在職中メール「公文書」判決確定

 橋下徹前大阪市長が在職中に市職員と個別に交わした庁内メールを市が開示しなかったのは不当だとして、大阪の弁護士が非開示決定の取り消しを求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(林景一裁判長)は20日付で大阪市の上告を退ける決定を出した。市側の敗訴が確定した。

 1、2審判決によると、弁護士は橋下氏が20…

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文307文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです