メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚労省

誇大広告で売り上げ増医薬品 収益から課徴金算定

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、武市公孝撮影

 厚生労働省は22日の厚生科学審議会部会で、製薬会社が虚偽・誇大広告などの不当な方法で医薬品販売を拡大した場合に収益の一部を没収する課徴金制度を導入する方針を示し、大筋で了承された。多額の売り上げがあった医薬品で違反があれば、従来の罰金と比べて払うべき額が跳ね上がり、再発防止効果が期待できる。来年の通常国会に提出する医薬品医療機器法(薬機法)改正案に盛り込む。

 課徴金は行政処分の一つ。一般の商品の不当表示には、2016年4月に施行された改正景品表示法で、売り上げの3%を徴収するとの規定がある。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです