メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚労省

売り上げ算定課徴金は「バルサルタン」きっかけ

 厚生労働省が22日の厚生科学審議会部会で示した、虚偽や誇大な広告など不正を働いた製薬会社に課徴金を課す制度の導入は、不当に巨額の利益を得た企業の「逃げ得」を防ぐのが目的だ。

 きっかけとなった降圧剤「バルサルタン」を巡るデータ改ざん事件では、改ざんされた臨床研究の結果が医師向けの販売資料に使われた。バルサルタンは累計1兆4000億円も売り上げたが、薬事法(今の薬機法)で規定された虚偽・誇大広告での罰金は最高200万円でしかない。

 しかも、同法違反で起訴された元社員とノバルティスファーマに対し、東京高裁は19日、無罪を言い渡した。改ざんは否定しないものの「学術論文は広告でない」と判断したためで、刑事罰を適用するハードルは高い。

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです