メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島火災

火元は1階か 7遺体の確認進める

 21日深夜に福島県小野町飯豊の無職、塩田恒美(つねよし)さん(61)方が燃え、焼け跡から住民9人のうち7人の遺体が見つかった民家火災は、1階から燃え広がったとみられることが周辺住民の目撃証言から判明した。木造一部2階建ての住宅と倉庫2棟を全焼し、約1時間後に鎮火したが、この家に住む3~8歳の子ども4人を含む7人と連絡が取れておらず、県警は遺体はこの7人とみて確認を進める。

 県警田村署によると、塩田さん夫婦と母サクノさん(81)、長女美紀さん(30)と夫(33)、その長男大輝さん(8)、次男大翔(ひろと)ちゃん(6)、長女李帆ちゃん(4)、三男皐大(こうた)ちゃん(3)の4世代計9人が暮らしていた。このうち、塩田さんの妻(57)が逃げる際に両手に軽傷を負い、病院に搬送された。美紀さんの夫は出火当時、運転手の仕事で外出していた。

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文807文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

  5. 首相、コロナ病床増へ意欲 医師や看護師の給与増提言に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです