メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

科学 脊髄損傷の治療に幹細胞

治療イメージ

[PR]

 厚生労働省こうせいろうどうしょう専門せんもん部会ぶかいは21にち脊髄せきずいきずついた患者かんじゃ幹細胞かんさいぼう再生医療さいせいいりょう製品せいひんとして製造せいぞう販売はんばいし、治療ちりょう使つかうことを条件じょうけんきでみとめました。年内ねんないにも正式せいしきみとめられる見通みとおしです。脊髄損傷せきずいそんしょうなお再生医療さいせいいりょう製品せいひん販売はんばい世界初せかいはつとみられます。

 医療機器いりょうききメーカーのニプロが札幌医科大学さっぽろいかだいがく共同きょうどう開発かいはつしました。脊髄損傷せきずいそんしょうからやく週間しゅうかんまでの患者かんじゃ対象たいしょうです。患者かんじゃ幹細胞かんさいぼうしてやしたのち点滴てんてきもどし、神経細胞しんけいさいぼう再生さいせい活発かっぱつにします。

 脊髄せきずい背骨せぼねなかとおのうにつながる器官きかんで、きずつくと運動うんどう機能きのううしなったり、まひしたりします。毎年まいとしやく5000にんあらたに患者かんじゃになっています。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その1) 異業種派遣のJAL系社員 工場から見上げる空

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです