メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消えない傷

今苦しんでいるあなたへ 斎藤梓さん「話そう、誰かが助けてくれるから」

臨床心理士の斎藤梓さん=本人提供

被害者支援に携わる臨床心理士の斎藤梓さん

 あなたの体は、あなたのものだよ。

 嫌なことは、「嫌だ」と言っていいんだよ。

 「これは秘密にしよう」と言われたら、信頼できる大人に話そう。

 話そう、誰かが助けてくれるよ。

 これは、今年の夏にイギリスに行った時に、「小学校などに張られているポスターです」と見せていただいたものに書かれていた言葉です。少し意訳していますが、こうした考えを子どもたちに伝えることが大切であると、イギリスにいる間、さまざまな場所で聞きました。

 私は、この言葉を、日本の子どもたちにも伝えたいと思いました。

この記事は有料記事です。

残り1450文字(全文1710文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  3. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  4. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  5. 中洲で散財、事故で借金…タイから移送の容疑者らが振り込め詐欺に手を染めるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです