メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消えない傷

今苦しんでいるあなたへ 斎藤梓さん「話そう、誰かが助けてくれるから」

臨床心理士の斎藤梓さん=本人提供

被害者支援に携わる臨床心理士の斎藤梓さん

 あなたの体は、あなたのものだよ。

 嫌なことは、「嫌だ」と言っていいんだよ。

 「これは秘密にしよう」と言われたら、信頼できる大人に話そう。

 話そう、誰かが助けてくれるよ。

 これは、今年の夏にイギリスに行った時に、「小学校などに張られているポスターです」と見せていただいたものに書かれていた言葉です。少し意訳していますが、こうした考えを子どもたちに伝えることが大切であると、イギリスにいる間、さまざまな場所で聞きました。

 私は、この言葉を、日本の子どもたちにも伝えたいと思いました。

この記事は有料記事です。

残り1450文字(全文1710文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. ORICON NEWS misonoの夫・Nosukeが闘病公表「精巣がんによる胚細胞腫瘍」
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです