メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消えない傷

今苦しんでいるあなたへ 斎藤梓さん「話そう、誰かが助けてくれるから」

臨床心理士の斎藤梓さん=本人提供

被害者支援に携わる臨床心理士の斎藤梓さん

 あなたの体は、あなたのものだよ。

 嫌なことは、「嫌だ」と言っていいんだよ。

 「これは秘密にしよう」と言われたら、信頼できる大人に話そう。

 話そう、誰かが助けてくれるよ。

 これは、今年の夏にイギリスに行った時に、「小学校などに張られているポスターです」と見せていただいたものに書かれていた言葉です。少し意訳していますが、こうした考えを子どもたちに伝えることが大切であると、イギリスにいる間、さまざまな場所で聞きました。

 私は、この言葉を、日本の子どもたちにも伝えたいと思いました。

この記事は有料記事です。

残り1450文字(全文1710文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  5. 教祖なき後に 地下鉄サリン事件24年/中 「神格化」警戒は続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです