メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いのちのほとりで

/8 聞き書きの「不思議な力」 医療、介護現場を変える可能性

和気あいあいな雰囲気に包まれた「聞き書き」全国大会=岩手県一関市で2018年9月1日、滝野隆浩撮影

 岩手県一関市で開かれた「第5回日本聞き書き学校2018in一関」(8月31日から3日間)を取材した。大会のテーマは「聞き書きの不思議な力」。ノンフィクション作家の柳田邦男さん(82)が「校長」で、作家の小田豊二(とよじ)さん(73)が「教頭」。2人の講演があった。そして参加者たちは実践報告で、「患者さんとの関係性が劇的に変わった」と口をそろえた。いまはまだ有志による小規模の活動だが、多死時代を迎えるこの先、医療現場を大きく変える可能性があると感じた。

 「聞き書き」は、看護師や医師、ケアスタッフたちが、病院や施設などで「一人の人間」として主に高齢の患…

この記事は有料記事です。

残り2550文字(全文2828文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです